2006年11月18日

パッ・セダン

今回の旅行では、事前に情報を集めて色々なところで食事をしました。 チプタ・ ラサにも、マンガ マドゥにも、 ヌリズワルンにも、 以前行ったべべ ブンギルにも行きました。どこも本当に美味しかったのですが、その中で一番記憶に残っているのが、二人共、ここ、 パッ・ セダンなんです。 そのために、最終日、本当はニョマン・ ダナワルンマデに行くはずだったお昼の予定を変更して、 もう一度ここでお昼を食べたぐらいですから。

最初に行ったのは金曜日のお昼。でも本当は目指していたのはここではなかったんです。 UVHからの帰りのシャトルでドライバさんに'ワルン パックトゥット'って知らない?って聞いてみても'そこってパン屋?'ていう答えしか帰ってこなくて、でも、 プンゴセカンからアルマの方へ行く間とは分かっていたので、ガソリンスタンドのところで下ろしてもらって、東へ歩きます。

まずは、ここ、パッ・セダンがガソリンスタンドの隣りにありました。時刻は11時半を過ぎたぐらい。既に食事をしている人がちらほら。 '見つからなかったらここにしよう'と、アルマの正面(南門)まで歩きましたが見つかりません。更にリゾートの入り口を過ぎ、 小さな川を渡ってもうちょっと歩いてもだめ。 もしかしたらプンゴセカンの方だっけと、ガソリンスタンドまで戻り、UVRへの分岐まで一応南下してみますが、やはり見つかりません。 (ここでもう一度パッセダンの前を通ります。バイクの数が増え、人も増えています。) あきらめて、北へ戻り、パッ・セダンを目指します。 (ワルン パッ クトゥット、看板が出ていない、というのを忘れていました。帰国して再度チェックしてみると、確かにアルマの門の手前、 西側にあったようです。でも、お客さんは全くいなかったし、並んでいるおかずは鶏の空揚げばかりに見えました。)

お店が見えてきましたが、なんと、お店の前には車やバイクが一杯!!ブンクスする人が多かったので満席ではありませんでしたが、 席もほとんど埋まっています。時間は、もうすぐ12時。なんとか空いている席に座って、やってきたお姉さんに二人分と、 アクアとテボトルを頼みます。

このお店、以前から'ウブド極楽生活'の掲示板では何度か名前が出てきていましたが、 ついに'世界の市場めぐり'にも登場しました。 写真は撮っていないので、こちらのサイトを見てくださいね。(これこれ、美味しそう...)

サテが香辛料たっぷりお肉柔らかで美味しいです。日曜日の時は、食べながら見ていると、 サテばっかり30-40本ブンクスしていく人がいました。もうほとんど残っていません。後の人はどうするのかな、サテなし?と思っていると、 お店の奥からがばっと追加。

つくね団子のスープも、'朝早く行けば'となっていますが、2回とも12時過ぎぐらいまでは間違いなく出ていたようです。 このスープも胡椒たっぷりで美味しかった。

そして、肝心のナシチャンプル。サンバルを控え目にしておけば、全然問題なし。 おかずとご飯を混ぜて食べると、強烈な特徴はないんだけれど、ほんと、何とも言えず美味しい。

日本で言えば、知り合いの家におじゃまして、その家のお味噌汁とご飯をごちそうになる、そんな感じなんでしょうね。 '家庭の味' 最終日、ホテルでもナシチャンプルを食べてみました。彩りもきれいで具の種類も多くて、確かに美味しいんだけど、でも、 これは'家庭の味'の方が似合う料理だと思います。 長粒米、こうやって食べると美味しい、っていうか、こうやって食べるお米なんですよね。 これをジャポニカ米でやったらきっとべとついて美味しくない。逆に言えば、昔タイ米を普通に炊いて、美味しくないって皆言ってましたけど、 お米に対して失礼なことをしていたわけで...

でも、本当に大入り満員でした、このお店。ブンクスする人は後を絶たず。アルマのスタッフらしき人も買いに来ていました。 食べに来る人も次から次へと。制服のグループもいて、車も同じカラーリングだったので、会社から揃って食べに来ているみたい。 そう言えば、次の日デルタへ送ってくれたホテルのドライバさんに'昨日パッ・セダンでお昼を食べた'と話すと、 '僕も今朝食べた'だそうです。 他の人の食べたお皿を見ていると、サンバルが残してある人も。地元の人は皆すごく辛いのを食べてるとばかり思っていたのですが、 そうでもないんですね。 近所のワルンはまあ人がいるかな、ぐらいなのにここだけ集中してましたから、結局、 美味しいものはどの国の人が食べても美味しいんだと思います。

料金は、ナシチャンプルとアクアで9,000Rp、テボトルとだと10,000Rpでした。 それと、最初の時はアクアと同様テボトルも冷えてなかったのですが、2回目はよーく冷えたのが出てきました。 チプタ・ラサでも冷えてましたが、最近はこうなのでしょうか。

お店を探して歩いていた時、犬が追い越していきました。バリの犬は昼間は寝ているはずなのに、と思っていると、お店にいました。 彼らも食事の時間なんですね。 最初の日は一匹。ちょっと悲しそうな目で見つめてくるので、鶏の軟骨のところをあげました。 2回目は二匹。増えた方は、もうちょっと積極的で、鼻で突っついてきます。地元の人には前足で足のところをトントンと。 いい匂いがしているので二匹ともよだれが...でも地元の人はほとんど気にかけないよう。

UVRからだと歩いて10分ぐらいかな。近いです。 ガイドブックにも出ているのを見つけました。'地球の歩き方リゾート'。他に、ワルン タガスもワルン マドゥーラも、 地図だけだったらチプタ・ラサまで載っています。UVRが出ているのもこのガイドブックだけでしたが、なかなかですね。

posted by DuBu at 01:12| Comment(4) | TrackBack(0) | report/0610/ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。